本ブログにお越し頂き、有難う御座います。 日々のゲームプレイの様子や気になった話題などを書いております。

カジノスキン第一弾 カタリナ「Luck be a Lady」獲得! 交換必要メダルはわずか500万枚♪

これまで大きな楽しみにしていた『カジノスキン』
2017年4月18日(火)に第一弾カタリなカジノスキン " Luck be a Lady " が実装されましたね♪ 事前情報で交換に必要なカジノメダルは5,000,000枚だと判明していたため、この日に向けてカジノを楽しむことができたのも嬉しかったところです!

<カジノスキン第一弾 カタリナスキン「Luck be a Lady」獲得!>
カタリナカジノスキン_必要メダル500万枚

改めてカジノスキンバージョンのカタリナさんを見てもやっぱりカッコイイですね♪
スキン名である " Luck be a Lady " を見て思い浮かんだのが『ガイド&ドールズ』というミュージカルです! このミュージカルの唄の歌詞に「Luck Be a Lady, Tonight」という言葉が繰り返し使われていまよね!

日本でも宝塚歌劇団で1984年に月組を代表するトップスター大地真央さんがスカイ役、剣幸さんがネイサン役、黒木瞳さんがサラ役で初演、2002に再演となり、2015年には星組の北翔海莉さんと妃海風さんによって公演されていました!
またこういった内容の話になってくると " 日本の劇場の魅力 " についても語りたくなってしまうのですが、これについてはまた別の機会にしたいと思います♪
いまや劇場といっても様々な楽しみ方がありますので、ちらっとでも調べて頂けると嬉しいなと思います!

<淑女たる気品。 艶めかしき光沢を放つドレスが素敵♪>
カタリナカジノスキン_Luck Be a Lady

▼カタリナカジノスキン「Luck be a Lady」の説明文
滑らかな蒼き生糸により紡がれ、艶めかしき光沢を放つドレス。
あしらわれたスートは幸運の女神を引き寄せ、幾重にも折り重なるフラウンスは淑女たる気品を醸し出す。熱狂渦巻く大人の社交場で、冷静なる勝負師の姿を凛然と演出する。

" 品性とは「余裕」のことである。 "

私が日々の生活や行動の中で最も意識している言葉でもあります。
品の無い人というのは余裕がありません。また、逆も然りで余裕が無い人からは品を感じることはできませんよね。
これもまた面白いところであり、人の心や性格、背景といったものはよほどスピリチュアルな人間でなければ見抜けるものではありませんが、この " 品性 " というものは人の行動や言葉に表れてくるものと考えています。
私はよく生放送というものを見せて頂いているのですが、その人間の極一部分しか映し出されていないモノでありながら、その極一部にその人間の品性が映し出されているのを感じることが多くあります。

2017年4月18日のゲーム内お知らせには、追記:「カジノ」におけるメンテナンス実施についてという項目があり、そこには「不具合の調査・対応、および、一時停止措置」の内容が記されております。 この内容を見て、やはりどこにでも仕様もない人間が一定数いるなと思いました!
これは私達が古い人間であるからなのかもしれませんが、「アカウントの一時停止措置、および、永久凍結」は非常に恥ずかしいものだと考えています。
特に今回のような内容で一時停止措置が行われたのであれば、自分がどうしようもなく情けないと思ってしまうのです。
しかし、その措置が取られたことを平然と放送している人間などを見たときはとても驚きましたし、話している内容が責任の転嫁やガチャが回せないなどであったことは、驚きを通り越して面白ささえ感じるものでしたね!

私達はどうしても『ちょっと待て。』をしてしまいます。
自分で改めて判断する時間を設けてしまいますし、周りの人間が改めて判断するように促してくれるため、これまでもなかなかこういった措置を受けることができないのですよね!
なので、直ぐに飛びつけるような瞬発力を持っている人間がかえって羨ましいと感じてしまいますね♪


鷲田 清一さんが書かれた『「待つ」ということ』という本やインタビューでも、待つことができないということに対して「特定の価値観でしか物事を見られなくなる」という内容でお話をしてくださっていますよね!
ほかにも様々なところでも『待つことの大切さ』を教えてもらっていますし、これからも様々な視点でこのテーマについて勉強していきたいなと思っています♪

2 Comments

says...""
新しい記事書かないんですか?
2017.06.18 15:18 | URL | #- [edit]
says..."コメント有難う御座います。"
コメントを頂き有難う御座います。
コメントを頂いていたのにも関わらず返答が出来ず申し訳御座いませんでした。
そして、更新がないブログを気にかけてくださっていたことを大変嬉しく思います。有難う御座います。

・新しい記事書かないんですか?
新しい記事も書いていければ良いなとは思っております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

2017.07.27 21:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bladeandsoulfun.blog.fc2.com/tb.php/613-0db3bb01
該当の記事は見つかりませんでした。