FC2ブログ

本ブログにお越し頂き、有難う御座います。 日々のゲームプレイの様子や気になった話題などを書いております。

逃げずに続けられたからこそ、ついにこの日がやって来た! 23本目の「大地の剣」を獲得♪  

2018年1月10日(水) から開催されているイベント「四象降臨」で、私が最も優先して取り組んでいたのが『白虎討伐章 100枚』を獲得することでした!
その討伐章報酬こそ私が大好きなものであり、この2018年のグランブルーファンタジーを楽しむ上で大きく新しい刺激を齎してくれるであろう『大地の剣』なのです♪

この獲得により「大地の剣」の所持本数は " 23本 " となりました!
私がグランブルーファンタジーをプレイし始めた時から集め続けてようやくこの本数に達成することができ、途中幾度となく逃げ出しそうにもなりましたが、本日ついに私が求めていた構想を形にできる時がやってきたのです♪

<逃げ出さずに求め続けることが出来た! 23本目の「大地の剣」!>
23本目の大地の剣獲得!

これまでも何度かお話にさせて頂いてはおりますがこの約2年の間にイベント「四象降臨」も変化を続けており、当初想定していた通りに「大地の剣」を獲得することができなくなっておりました。 今回の開催においても在庫の追加が行われることがありませんでしたし、討伐章報酬で以前は2つ獲得できる時もあったのですが今では白虎討伐章報酬に1つ設定されているだけになっておりますからね・・・!

そんな変化の中で私の気持ちが揺れてしまうことがあり、もう逃げてしまおうかと考えたこともあったのです。

グランブルーファンタジーの仕様、および、システムとして「武器の上限解放」というものが導入されており、これを行うことで武器の基本ステータスを高めることができたり、新たなスキルを獲得することができたりしますよね。
この『大地の剣』もそれに漏れず上限解放を行うことができるのですが、その上限解放を行うには原則として同じ武器を使用しなければなりません。 しかし、上記でも述べさせて頂いた通り「大地の剣」がどんどん獲得しにくい状況になっていることで、いつ最大解放を行うことができるのだろうかとすこし不安な気持ちになっていた時期もあったのです。
もちろん、イベント開催中は可能な限りバトルに挑戦しドロップ報酬で「大地の剣」を獲得することにも取り組んではおりましたが思うような結果に至ることはなく、早く最大解放を行いたいのにという焦る気持ちがどんどん強く出てくるようになりました。

そんな中で私は大きな逃げ道を知る事となったのです。

グランブルーファンタジーの仕様には、上限解放を行うには原則として同じ武器を使用しなければならない。のですが、他に上限解放を行うことができる手段が用意されていたのです!
それが『上限解放素材アイテム』です!
「大地の剣」のレアリティはSSRとなりますので、" ヒヒイロカネ " または " ダマスカス鋼 " を用いることで上限解放を行うことができると言うではありませんか! しかも、これらは「大地の剣」を獲得することより簡単で私もいくつか入手することができていたアイテムでもあります! また、これらはゲーム内以外でも獲得できる手段が用意されているアイテムでもありますので、リアルマネーで購入できるというとても有り難いアイテムでもあるのです♪

 " これらを使えば、簡単に上限解放を行うことができる。 "

このように考えた私は一度仲間に相談してみることにしました。
すると、「お前がそうしたいならすればいい。それを行うことでお前が楽しめるのなら今のお前にとって望ましいことなんじゃないか。」といつも通りの返答の後、「お前が一番分かっていると思うが、そんなことは俺らでもできるぞ。なんなら俺が買ってやるよ。」とまで言われてしまいました・・・。
相変わらず金で解決できるなら悩む必要なんてないだろうと言わんばかりの物言いではありますが、この言葉は私のことを良く知っているからこその言葉でもあると思います。 そして、その後も色々とお話をしていると・・・

 " 私は、何を焦っているのだろう? "

と、ふと疑問になったのです。
私はグランブルーファンタジーというゲームで楽しみたい事が明確にあり、これまでもそれに向けて取り組んできました。 ならばこれからもそれに向けて同じように取り組み続ければいいだけじゃないかと! 自分が楽しみたい事、面白いと感じる事を日々こつこつと続けていれば、その一つ一つが自分にとっての最良の刺激になりますし、その姿をどこかで見てくれている人が必ずいる!
そしてその日々の積み重ねがあるからこそ「自分らしさ」が目に見える形として現われてくると思いますし、「お前らしいな。」と言ってもらえるようになるのでしょうからね♪


私がこのグランブルーファンタジーをプレイすることが無くなっても、この『大地の剣』を見たときに、" そういえばこの武器をとても好きだった人間がいたな。" とふと思い返してもらうことができたならば、それは私にとって最高の幸いになると思っております!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bladeandsoulfun.blog.fc2.com/tb.php/752-a033cd75
該当の記事は見つかりませんでした。