本ブログにお越し頂き、有難う御座います。 日々のゲームプレイの様子や気になった話題などを書いております。

あの構想がついに形となる! 大好きな『大地の剣』の新たな始まり♪

たくさんのご声援・ご支援ありがとうございます! 

今日というこの日までグランブルーファンタジーというゲームを楽しみ続けられているということ、そして、今日ここに " あの構想 " を形にできたというのは、仲間や騎空団の方々をはじめ、このブログを通して巡り合うことができた多くの方々の暖かい見守りがあったからこそです。 ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

===========================================

2016年6月28日に当ブログで書いた【遂に基盤は整った! 武器編成を『大地の剣』で埋め尽くす!? どんな編成にしよう。】という記事から約1年8ヶ月の時を経て、2018年2月18日の今日【あの構想がついに形となる! 大好きな『大地の剣』の新たな始まり♪】というタイトルで記事を書くことができるようになりました!
このブログでグランブルーファンタジーの記事を書き出した頃は、これまで経験したことが無かったソーシャルゲームというものに慣れることで精一杯でしたので楽しみ方を見つけるなんてことはできませんでしたが、今では自分に合った楽しみ方を見つけることができていて、本当に楽しくグランブルーファンタジーをプレイすることができています♪ 

そして、その楽しみ方を見つけるきっかけとなったのがこの『大地の剣』なのです!
これまで数々のゲームを共に楽しんできた仲間達は既に私の事を知ってくれていて、私が持つ「変わり者」の部分をしっかりと理解してくださっており、私のグランブルーファンタジーに対するプレイスタイルも面白いものとして一緒に楽しんでくれているので、こういった楽しみ方を見つけることが出来たのだとも思います!  
なので、もし私が一人でグランブルーファンタジーをプレイしていたならば、このような楽しみ方を見つけることはしなかったでしょうし、ましてや、ソーシャルゲームなんてものをしたいとも思わなかったでしょう!

ですので、 " この編成 " は私の楽しいが形になったものでもあると同時に、『仲間がいるから楽しい』を伝える一つのメッセージの形でもあるのです♪

<ついに形となった " あの構想 "! これが新たな始まりとなる♪ >
大地の剣編成が形となる

この画を見ることができるようになったという嬉しい達成感がありますし、グランブルーファンタジーを楽しんだという一つの記憶に残る出来事になったことは本当に良い思い出になると思います♪
そして、改めてこの編成と今後についての想いを語ってみたいと思います!

■この編成を形にすることを目指したのは " 属性混合パーティー " を楽しみたいから!
私がこれまでも、そして、これからもグランブルーファンタジーを楽しむための一つのキーワードが " 属性混合パーティー " です! このワードは現在の環境や傾向とは真逆に位置するものだと思いますが、グランブルーファンタジーの大きな魅力になるものだとも考えているのです!
ここ最近のアップデート内容や方向性を見ても " 単一属性 " に関するものは多く登場しているのですが、 " 複属性 "に関するものは少ないですよね!  2属性スキルを持つ武器や2属性混合加護を持つ召喚石など、複属性の要素は存在しているものの、単一属性の要素に比べて深めたり、高められる幅が狭いというのが現状だと思います。 
そして、言葉での表現として「複属性は、単一属性に劣る」という考え方が生じている環境だとも思うのです。 ですので、今後の環境変化でこの考え方やイメージが変わるような要素が登場して欲しいなと思っています! これは「複属性は、単一属性に勝る」となるような環境を求めているというわけではなく、複属性と単一属性でそれぞれの特徴などをより幅広く楽しむことができる環境を提供して欲しいなということなのです! 


■この形はまだまだ完成じゃない! 楽しみを追求する始まり♪
この編成ではメインのキーウェポンとして『大地の剣』を選択していますが、" これに代わる武器 " が登場して欲しいなとも思っているのです! もちろん、大地の剣の上限開放段階追加や、スキル追加システムなども嬉しいものではありますが、編成そのものを考え直せるくらいの大きな変化が訪れて欲しいですね!

▼メインウェポンについて
現在は「メインウェポンの属性が主人公の属性となる」という仕様になっていますよね!
つまり、主人公の属性を変えるにはメインウェポンを変更しなければならないということで、武器の属性を変更するなどして調整が行われておりますが、『武器そのものに属性を変更できる要素を持った武器』などが登場しても面白くなりそうだなと考えていたります!
このような考えが出てきたのはこの「大地の剣」の形状を見て、真島ヒロさんの漫画作品「RAVE」に登場する主人公ハルが持っているテン・コマンドメンツの通常形態である第1の剣『アイゼンメテオール』に似ているところから、武器そのものに属性を変更できる要素を持っていればこれはある意味で " 属性に捉われない武器 " になるのではないかと思ったからです!
武器編成時に任意で属性を変更できるのも良し、忍者のアビリティ「忍術」のような仕様で戦闘中に任意で属性や効果を切り替えることができれば面白そうですし、属性混合パーティーにおけるメンバーの属性の調整などもできるでしょうから楽しめる幅が広がるかもしれないですよね♪

また、他の仕様とも関わってくるのですが『主人公が戦闘に参加できなくなる代わりに、何かしらの効果が戦闘メンバーに適用される』という武器や効果も面白いなと思っていたりします! 現在の仕様では戦闘開始時から主人公が必ず参加しているので、主人公がいない4人パーティーを楽しむ幅を広げられるといいなと思っているからです♪

▼サブウェポンについて
上記の画像で言えば主に下段の3枠に該当するのですが、ここに " 新たなる要素 " の登場を期待しているのですよね!
簡単なもので言えば、ユニークな効果が発動する「セット効果」のある武器なんてものがあってもいいかなと思ったり、オートスペルならぬ 「オートスキル」 を持つ武器はどうだろうとか考えちゃうのですよね! プレイヤー間でこういった話題で盛り上がれるとすごくゲームが楽しいものになると思いますし、それを運営さんが上手く取り入れてくれたりすると本当に楽しいと思える " ゲーム " になると思うのです♪ 開発・運営から一方的にコンテンツが提供されるだけでなく、UGC(User Generated Contents)を活用したゲーム作りができると盛り上がりも大きいものになると思うのですけれどね!

他にもまだまだ無数に様々な要素を考えることができますよね!
グランブルーファンタジーはソーシャルゲームということでマルチバトルに対する面白さを広げるのが難しいという側面もあるかと思いますが、参戦者が互いに特定の武器を編成していた場合に、特別な効果が発動されるというような 「リンク効果」を持つ武器なんかがあったら、また違った面白さや刺激をマルチバトルに感じることができるのではないかとかも考えちゃいますよね♪

" 楽しいは、作れる! "


■この編成でいろいろなことに挑戦してみたい! どんなことが出来るようになったのか!
私がグランブルーファンタジーを楽しむプレイスタイルはこれからも何も変わることはありませんが、今回こうして自分の「好き」が形にできたことで、これまではできなかったことや楽しみ難かったことに挑戦し易くなったと思っています!
具体的な例を挙げると、私はこれまで主人公の職業は殆どがダークフェンサーでしたが、ここを違う職業に変えて楽しめる機会を増やすことができるんじゃないかなと思っているのです♪ そして、その楽しみを広げるためにもこの編成でまず最初に挑戦しようと思っているクエストがあるので今から準備に取り掛かろうとも考えていますし、私が特に楽しみにしている各種イベントにはこの編成でどんどん挑戦していきたいですね!
来月には4周年を迎えるグランブルーファンタジーですが、今後の環境変化においてどんな楽しさを増やしていくことができるのかを模索し続けたいですし、この編成を「完成」と言えるまでに近づけていくことができたらいいなと思っています♪



▼[万断剣] 大地の剣
ティターンの圧倒的な膂力を持ってして、初めて扱える大剣。
刀身に刻まれた無数の傷は、潜り抜けた死線の数を物語る。

▼ティターン
強者とあらば戦いを挑み、勝敗を決して去ってゆく巨人。
勝っては己の力を誇り、負けては敵を称賛する。戦いの末に怨嗟の声をあげる事はなく、豪快に笑うが常である。巨人にとって、力の衝突の中で血と汗を流す事が何よりの悦びなのだ。

2 Comments

says...""
大地の剣編成おめでとうございます!
純粋な疑問なんですけど、普段からこの大地の剣編成でイベントとかマルチバトルを戦っているのでしょうか?
一般的なマグナ編成とかは持ち合わせておらず、あえて大地の剣編成でプレイしてらっしゃるのでしょうか?
2018.02.27 11:51 | URL | #- [edit]
says..."コメント有難う御座います。"
コメントを頂き有難う御座います!

これまでも大地の剣を編成して楽しんでおり、これからもこの形をもって色々な楽しさを探していきたいなと思っております。そして、この武器の魅力を更に引き出していけるようなプレイをしていけたらいいなと思っています!
2018.02.27 15:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bladeandsoulfun.blog.fc2.com/tb.php/788-96d8dea7
該当の記事は見つかりませんでした。