FC2ブログ

本ブログにお越し頂き、有難う御座います。 日々のゲームプレイの様子や気になった話題などを書いております。

称号『究竟の聖職者』を求めて。 Class.Ⅳ開放クエスト「受け継がれる意思」 vs 老婆(プリースト系統) 武器編成

Class.Ⅳ開放クエスト「受け継がれる意思」 vs 老婆(プリースト系統)に挑戦!
この挑戦で老婆に勝利することができればClass.Ⅳジョブの取得条件の一つである称号『究竟の聖職者』を獲得することができます!

プリースト系統のジョブ「プリースト」「クレリック」「ビッショップ」のいずれかで挑戦することできるということでしたので、今回はClass.Ⅱジョブの「クレリック」を選択することにしました! 
「クレリック」は回復タイプのジョブということもありHPを回復することが出来るアビリティ「ヒールオール」や、弱体効果を回復することが出来る「クリアオール」を持っているため持久・耐久面をカバーできていたのですが、他の系統での挑戦環境と合わせるため、また、黄龍刀のスキル「震天の祈り」をより楽しむためにEXアビリティにはクンフーのアビリティ『内功』を選択して挑戦することにしました!

<「受け継がれる意思」 vs 老婆(プリースト系統) 武器編成>
受け継がれる意思_セージ編_装備編成

■Main Weapon
[極叡]五神杖  Lv100 ☆☆☆   スキル:攻撃力上昇(大)
イベント「決戦!星の古戦場」にて獲得。 プリースト系列は「杖」と「槍」の2種類の武器を装備できるのですが、今回の挑戦では武器種「杖」の天星器[極叡]五神杖を選択することにしました! これまでも武器種「杖」をメイン武器として戦闘を楽しんだことはほとんどありませんでしたのでこれを機に楽しめる範囲を広げられると嬉しいなと思っておりますし、武器種「杖」を得意とするキャラクターには持久・耐久性に優れた魅力を持つ者が多いので注目度の高い武器になっていますね♪

[極叡]五神杖の奥義名「聖柱五星封陣」を見た時にはどんな奥義演出になっているか気になっていて、実際に確認するとシンプルではあるものの奥義名から想像できる通りの演出になっていましたね! 結界や封陣というような言葉や要素は個人的にとても好きなものでもあるので他の「杖」がどのような奥義名や奥義演出になっているのかを確認していくのが今の一つの楽しみとなっています♪

また、[極叡]五神杖を更に強化してあげることで奥義の追加効果に『味方全体の味方全体のHPを回復/再生効果』を得ることができるというのもワクワクします! そして、レジェンドガチャから排出されるイオ(リミテッドVer)の開放武器である光属性SSR杖『ガンバンテイン』の奥義「グレート・オース」も同じ奥義追加効果をもっておりますし、スキルに攻刃Ⅲ + 三手を持つという " 攻撃的要素防御的要素を共に備え持つ " 武器というのも大きな魅力になっていますよね♪


■Sub Weapon
[万断剣]大地の剣 Lv100 ☆☆☆   スキル:巨人の守護 先制の岩壁 x3
イベント「四象降臨」にて獲得。

・[律導剣]ソード・オブ・コスモスPC Lv100 ☆☆☆   スキル:装備中の「剣」の攻撃力とHPが上昇/特殊タイプの弱体成功率と弱体耐性上昇
マルチバトル「降臨、調停の翼」にて獲得。

・[祖龍剣]バハムートソード・フツルス Lv150 ☆☆☆☆   スキル:ヒューマン族とドラフ族の攻撃力/HP上昇
マルチバトル「邂逅、黒銀の翼」にて獲得。

・[祖龍杖]バハムートスタッフ・フツルス  Lv150 ☆☆☆☆   スキル:エルーン族とハーヴィン族の攻撃力/HP上昇
イベント「どうして空は蒼いのか」による「バハムートの鉤爪」と交換にて獲得。

[五光刀]黄龍刀  Lv100 ☆☆☆★   スキル:攻撃力上昇(特大)/最大HP-10% 回復アビリティを使用時に味方全体の光属性攻撃力UP(累積/最大5回)
マルチバトル「震天の境界、黄昏の最果」による「黄金の札」「黄金の札束」とトレジャー交換にて獲得。

今回Class.Ⅳ開放クエスト「受け継がれる意思」に挑戦するにあたり、サブウェポンの編成は固定です。
プリースト系統は私が扱い易い回復タイプのジョブということもありますし、黄龍刀のスキル「震天の祈り」を発動させることができる緑色のアビリティ「ヒールオール」「クリアオール」「内功」の3つを持っての挑戦になりますので、早い段階で光属性攻撃力UPを最大まで累積することができるというのが一つの面白さでもあります♪

相対する老婆(プリースト系統)も耐久面を押し出した特殊技を繰り出してきますので、安定した戦闘を継続しつつ攻撃のチャンスを作り出していきたいところですね!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bladeandsoulfun.blog.fc2.com/tb.php/803-1ae02d50
該当の記事は見つかりませんでした。