FC2ブログ

本ブログにお越し頂き、有難う御座います。 日々のゲームプレイの様子や気になった話題などを書いております。

イベント「メイクアップ&ゴー!」開催! 工房ランクを上げて、自分だけの工房を作ろう!

新イベント「メイクアップ&ゴー!」が、2018年9月30日(日)12:00 ~ 10月8日(月)16:59 という日程で開催されていますね!
このイベントでは新たに設立された「合金工房」という銃工房が舞台となっており、シルヴァ、ククル、クムユの3人の物語が語られるということもあってどのようなお話を知ることができるのか予告の時からとても楽しみにしておりました♪

この3人のうち、嬉しいことにククルとクムユとの出会いの物語は開放されているので2人のフェイトエピソードは楽しませて頂きましたが、シルヴァとの出会いはまだ訪れておりませんのでこのイベントを体験させて頂きながら出会いの縁を少しでも強めることができたらいいなと思っております!

<イベント「メイクアップ&ゴー!」開催! 工房作りが楽しそう♪>
メイクアップ&ゴー!_20180930

今回のイベントで登場するシルヴァは " お茶の飲み比べ " という趣味をお持ちだということで、同じお茶が好きな者としては感心が高まるキャラクターではありますね♪
先月の2018年9月9日(日) には「第65回全国茶審査技術競技大会」が大阪の新阪急ホテルで開催され、大会に参加されるお知り合いの方と一緒にお茶について勉強できたのは良い経験になりましたし、何といっても今回の大会は初の女性大会長ということもあってテレビ取材も入っていたそうですね!
近年では「急須でお茶を入れる」という機会や場面も少なくなってきているように思いますし、私の周りでも急須で入れたお茶を飲んだことがないという方もいらっしゃいますので、急須で入れた美味しいお茶を飲ませてあげることができる機会がどこかであれば良いなといつも思っているのですけれどね♪

また、今ではあまり聞かなくなりましたが " お茶くみ問題 " が話題になったこともありましたよね。
「お茶くみは、女性がやるもの」という風潮があったのは事実ですし、お茶くみを廃止する動きからなども急須からペットボトルへと在り方が変わっていきました。 そんな中で私はお茶が好きだということ、そして、変わり者ということもあって、好んでお茶くみをしていたことなどもあるのですが、今思い返してみても嫌な思い出より嬉しかった思い出の方が多いのですよね♪

私は人とは違う考え方や価値観を持っている人間だということも少なからずあると思いますが、お茶くみは私にとって " 自分の好きをアピールできる絶好の機会 " でもあったのです!
シーズンごとに美味しいお茶を見つけることが楽しかったですし、自分が美味しいと思ったお茶を色々な方に飲んでもらえる機会があるなんて有難くてしかたなかったのですよね♪ どんなことでも何かをアピールしたり宣伝するには色々な労力や費用がかかりますが、なんの労も使わず、しかも、無料でその機会を頂けるなんて面白すぎるではありませんか!
そして、『このお茶、美味しいな。』って言ってもらえた時はもちろん、相手から『このお茶、なんてお茶?』って関心を引けたときは最高でしたね♪

いつもあちこち忙しく働いてくださっている方や、遠くからわざわざこちらに出向いて来てくださった方などに対する労いの気持ちはもちろん、「お茶をお出しする」というこの行為には、相手やお客様を「おもてなし」するという意味が込められていると思うのです!
ほんのひと時に込められた、相手を思う気持ちの表れ。その結果、お茶への関心を少しでも高めることに繋がりましたし、話下手でコミュニケーションが苦手な私でも色々なお話を頂くことができたりと、本当に多くの経験をさせて頂くことにも繋がったのですよね♪

" チャンスはいつもすぐそばに。 "

私がお仕事などを通して出会う人の中で『なんでも嫌や、否定から入る人間』を見るといつも勿体無いなと思ってしまうのですよね・・・! そういった人間は総じて " チャンスを逃がす人間 " だと思いますし、自分の嫌いのアピールの仕方はもちろん、好きのアピールも下手なのですよね!

だから、そんな人間は興味や関心の対象にならないのです。

シルヴァの紹介文には年齢や身長、趣味のほかに好きなものや苦手なことが書かれていますよね! もし、紹介文がアビリティ説明だけだった場合、私が今回の記事にシルヴァという人物を取り上げることはなかったでしょうし、この人物への関心が高まることはなかったでしょうね!
そして何より、このグランブルーファンタジーの最大の魅力こそ『その人物について知ることができる』というところではないでしょうか!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bladeandsoulfun.blog.fc2.com/tb.php/831-3e5de73c
該当の記事は見つかりませんでした。