FC2ブログ

本ブログにお越し頂き、有難う御座います。 日々のゲームプレイの様子や気になった話題などを書いております。

「火力」が足りないからでは無く、「理解」が足りないからだ。 ゼノ・コロゥ撃滅戦難易度HELL(Lv70)に挑戦! 

 " 火力が足りない。"

私達はこの言葉をすぐ口に出す人間をとても警戒しますし、これを周りの人に対して発する人間においては強い嫌悪感を抱くことがありますね! そして私のこれまでのゲーム経験から、プレイが汚かったり、雑だったりする人間が頻繁に発する言葉として認識しておりますし、近年では思慮の浅い「必須」という言葉を発する人間も警戒対象となっていたります♪

この言葉、そして、火力を高めるためには。を考えたとき、「各種装備やスキル、アイテム類を調達・強化」するという方向性に目が向けられがちですが、もう一つ大きな火力向上となるのが『理解を深める』ことですよね!

<理解を深めてより向上した戦闘を楽しむ♪ ゼノ・コロゥ撃滅戦難易度HELL(Lv70)に挑戦!>
ゼノ・コロゥ撃滅戦_難易度HELL70_201812

MMORPGなどのパーティーコンテンツではそれに適した環境を整えることと同じくらい、そのコンテンツに対する『理解』が必要となる場面が数多くありますよね!
もうすこし具体的な状況としては、装備やスキル、アイテムなどを適正帯に調整できているだけではコンテンツ内容を達成することができないのですよね! そして、ある特定の状況下、かつ、場面的ではありますが強調した表現をさせて頂くとするならば、" 装備よりも、理解が必要 " となることが本当に多いと思います♪ どれほど優れた装備やスキルを持っていても、全くコンテンツを進めらないなんてことも少なくはありませんものね!

しかし、ソーシャルゲームにおいては、その「理解」の部分を「お金」で補填することができるのですよね♪
コンテンツ内容によっては、理解する、理解を深めるには多くの時間を費やすことになってしまうのですが、この部分を「お金」によって補填・短縮できるというのはソーシャルゲームの大きな利点であり面白いところです! また、私のような下手の横好きにとってはこれがなんとも有難いことなのですよね♪ 
現在ではMMORPGにも戦闘不能に陥った際に即時復活できるアイテムが実装・販売されていたり、このグランブルファンタジーにおいても「エリクシール」というアイテムを使用して復活ができたりと、ゲームが下手であっても楽しみ易い環境が整えられているのは嬉しいですし、こういったシステムが導入されることで様々なコンテンツに気軽に挑戦できるというのはゲームを楽しむ上で大きな要素になっていると思います!

▼イベント「ゼノ・コロゥ撃滅戦(2018/12)」 HELL「Lv70 ゼノ・コロゥ」VS属性混合編成


今回は各種撃滅戦の中でも難易度が高いとされているゼノ・コロゥに私の好きな属性混合編成で挑戦してみました!
強力な特殊技「アルヴェン」や、対処の難しい無属性攻撃である「フラウンホーファー」などを繰り出してくるのでパーティーが全滅してしまう頻度が高い戦闘ではありましたが、いざとなればエリクシールで回復・復活できるということもあってどんどん挑戦をして経験を積めたことが嬉しかったところですね♪ また、ゼノ・コロゥと相対するまでに戦闘体勢(ターン稼ぎ)を整えることができる難易度EXTREMEと異なり、戦闘開始時からゼノ・コロゥと相対する難易度HELLはなかなかにスリリングでゼノ・コロゥの強さを実感できる戦闘となりました!

そして何といっても、属性混合パーティーの魅力が存分に発揮された戦闘を楽しむことができました♪
プレイ環境によっては属性を統一できないということが生じることもありますし、こういった際に改めて自身の所持できている仲間を見返して、それぞれのキャラクターが持つ魅力に気付き触れられるのは良い機会になると思いますし、これこそがグランブルーファンタジーというゲームの大きな魅力だとも思います!

弱点属性となる闇属性以外のダメージが減少してしまう「属性耐性」が導入されているゼノ・コロゥではありますが、様々な魅力を持つ仲間達と力を合わせて討伐を成し遂げることができたのはとても嬉しかったですね♪

12 Comments

says...""
「どれほど優れた装備やスキルを持っていても、全くコンテンツを進めらないなんてことも少なくはありませんものね!」
グラブルのようにポチポチするだけのゲームは装備とキャラを揃えればなんとでもなります
理解が必要なのは一部のHLだけです

「ソーシャルゲームにおいては、その「理解」の部分を「お金」で補填することができるのですよね」
これも間違いですねソシャゲーにおいてお金で補填できるのは武器とキャラです理解はどれだけお金をかけても得られないでしょう
むしろ武器とキャラを揃えることによりある程度のHLに行くまでは理解する必要すらなくなると思います
一刻も早く考え方を改めて欲しいです
2019.01.09 03:34 | URL | #- [edit]
says..."コメント有難う御座います。"
コメントを頂き有難う御座います。

・グラブルのようにポチポチするだけのゲームは装備とキャラを揃えればなんとでもなります
理解が必要なのは一部のHLだけです

おっしゃる通りです。


・これも間違いですねソシャゲーにおいてお金で補填できるのは武器とキャラです理解はどれだけお金をかけても得られないでしょう
むしろ武器とキャラを揃えることによりある程度のHLに行くまでは理解する必要すらなくなると思います

おっしゃる通りです。


・一刻も早く考え方を改めて欲しいです
改めるも何も、貴方様のこのお考えが正しくその通りの事ではないでしょうか。


わざわざ記事を読みコメントまでして頂けた事は大変嬉しく思いますが、申し訳ありませんがこのコメントからでは貴方様が伝えようとしている意図を推し量る、汲み取ることが難しいです。
貴方様のこのコメントに対してこちらは何も反論はありません。
貴方様のおっしゃる通りだと思うのですが、私に何を伝えようとしているのでしょうか。恐れ入りますが改めてコメントを頂ければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
2019.01.09 15:51 | URL | #- [edit]
says...""
正直私はこのブログが好きです
自分ではやらない色々な編成が見れてこれでもクリアーできるのかと純粋に1グラブルプレイヤーとして拝見させていただいています
ただ今回の「ソーシャルゲームにおいては、その「理解」の部分を「お金」で補填することができるのですよね」という部分の理解をお金で補填することができるというのがわからなくてコメントしたしだいです
言葉尻が強くなってしまっていたと自分でも思います申し訳ありませんでした
2019.01.11 04:58 | URL | #- [edit]
says..."どのように想いを伝えるか。"
ご返答を頂き有難う御座います。

このようなお言葉を頂き大変嬉しく思います。
また、「言葉が強くなる」ということは抱いている『想いの強さ』でもあると思います。
こうしてコメントをしてくださった事、そして、その内容からも貴方様の「何かを伝えたいという想い」は感じ取ることが出来ておりました。ですので、頂いたコメントに対して嫌厭することは御座いませんのでご放念ください。
しかし、不勉強のために「何を伝えようとしているのか」を読み取ることが出来ませんでした。お手を煩わせてしまい申し訳御座いません。



・ただ今回の「ソーシャルゲームにおいては、その「理解」の部分を「お金」で補填することができるのですよね」という部分の理解をお金で補填することができるというのがわからなくてコメントしたしだいです

これまでも度々記事内でも申し上げておりますが私はソーシャルゲームに対して否定的な意見や価値観を持っております。
そのため当記事においても、貴方様のコメントで頂いた通り「ポチポチするだけのゲームは装備とキャラを揃えればなんとでもなる」「武器とキャラを揃えることによりある程度のHLに行くまでは理解する必要すらなくなる」というような内容を暗に示そうとしていたのです。

このような部分がソーシャルゲームのある種の面白さや利点であるとは思いますが、" ゲームとしてのつまらなさ " を感じるところでもあるということを伝えたかったのです。
そして、貴方様からのコメントを読んだ時、私の伝えたいことが的確に指摘されており、同じような考えを持つ方がこのブログを見てくださっていることをとても嬉しく思いました。
ですので、何も反論はなく、返答としておっしゃる通りです。としかお答えしようがありませんでした。

また、合わせて「即時復活できるアイテムの実装・販売」についても軽く触れており、記事の文脈としては肯定的な言葉を用いて表現しておりますが、こちらについても私が真に伝えたいことは「このようなアイテムの存在がゲームをつまらないものにしている」と感じているということなのです。
つまり、こういったアイテムは、私(達)が求めている " ゲーム " には必要ない。という事を暗に伝えようとしているのです。
(※改めてもう少し詳しくお話できる機会を設けることができればと思っております。)


・理解はどれだけお金をかけても得られない

これこそ " ゲーム " の本当の面白さや楽しさとは何か。を表している一文だと思います。
当記事内においても「理解はお金をかければ得れる」という表現や文言を使っていないのも、『理解はお金では得れない』ということを分かっているからです。
上記でも述べているように、「装備とキャラを揃えればなんとでもなる」「武器とキャラを揃えることにより(略)理解する必要すらなくなる」というような事が生じているそんなものを " ゲーム " だとは私は思えないのです。

『「理解」の部分を』という表現を用いているのも、その対象を大きく捉えることで含みを持たせ、『「お金」によって補填・短縮できる』という表現を用いているのも、その部分に対して発生する事象が大きいものであるということを伝えたいがためなのです。
それが " ゲームとして " いかにつまらないものであるかを・・・。



2度目になりますが、私はソーシャルゲームに対して否定的な意見や価値観を持っています。
端的に表現するのであれば『ソーシャルゲームが嫌い』です。気持ち的にはもっと強めの言葉を用いて表現したい程です。そして、今回のコメントのやりとりで私が貴方様に最も伝えたい、知ってもらいたいことがここなのです。

貴方様は私のこのブログを「好き」だと言って下さいました。
しかし、そのブログを書いているのは「ソーシャルゲームが大嫌い」な人間だということです。

ここも理解をして頂くには少々難しい事かもしれませんが、ソーシャルゲームが嫌いだから、ソーシャルゲームをプレイしているのです。ソーシャルゲームが嫌いだから、ソーシャルゲームのプレイ内容を記事にしてブログを続けているのです。

ですので、当記事をはじめ、その他のソーシャルゲームに関する記事の内容は、一見楽しくプレイしているように見える(こともある)かもしれませんが、その殆どがソーシャルゲームに対する『皮肉』だと捉えて頂くとより分かり易く、読み取ることができると思います。


これからも記事の内容や表現の仕方はこれまでと変わらないですし、よほどの事が無い限りプレイスタイルも変わることはないと思いますので、いちプレイヤーのたわいないプレイ日記としてお見守り頂ければ幸いです。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
2019.01.11 23:22 | URL | #- [edit]
says...""
この記事における " 火力が足りない。"とは、ゼノ・コロゥ撃滅戦等のソロコンテンツついてのみのことでしょうか?そうでないなら、グラブルのコンテンツに対する理解が足りていないのではないかと考えます。

「必須」という言葉のことについては、大いに賛同します。
2019.01.12 11:31 | URL | #- [edit]
says..."コメント有難う御座います。"
コメントを頂き有難う御座います。


・この記事における " 火力が足りない。"とは、ゼノ・コロゥ撃滅戦等のソロコンテンツついてのみのことでしょうか?

ソロコンテンツについてのみのこと。ではありません。


・そうでないなら、グラブルのコンテンツに対する理解が足りていないのではないかと考えます。

上記の返答からも「そうでないなら」に該当すると思いますので、恐れ入りますが一度貴方様のお考えを教えて頂きたく存じます。 貴方様のお考えを知った上で改めて返答致します。


・「必須」という言葉のことについては、大いに賛同します。

この言葉の使い方、使われ方について同じ思いや考え方を持っている方がいることは存じ上げておりましたが、今回この様にコメントとして頂けたことを大変嬉しく思います。
この場では詳細の内容については割愛させて頂きますが、賛同して頂けているという事ですのでこの言葉に対して感じている内容と、 " 火力が足りない。 " という言葉が指し示す内容や事象においても根本的、本質的な部分において抱いている想いに共通しているものがあるのではないか。と推察しております。


ご多用のところ恐れ入りますが、ご返信頂けますと幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。
2019.01.12 15:57 | URL | #- [edit]
says...""
>>お考えを教えて頂きたく存じます。

そういうことでしたら、実例ではなく考えを述べさせていただきます。

まず、ゲームには目的(報酬、勝利、称賛、達成感等)が設定されているかと思います。
そのうち、和製RPGを継続させるのに最も多いと考えられるのが報酬でしょう。
報酬を得るにはゲームをプレイしなければならないので、当然時間を必要とします。
そこで火力のこととなるのですが、俗にいう火力とは、報酬を獲得するまでの時間等を決定づける尺度であると考えます。
火力が低いと時間がかかり、高いとより多くの報酬を得ることが出来るのは至極当然のことです。
報酬については、ほとんどのプレイヤーには目標とするところがあるでしょう。
その目標に到達できない自身の実力不足を、一般によく使用されている”火力が足りない”という表現によって外部に発信しているだけであって、ゲームというものの構造的には日常会話に等しいものであると考えます。
自身の状況分析をし、上を目指す動機を持っていることなどから、健常なプレイヤーではないでしょうか。

むしろ、自身の火力に悲観的な考えがないプレイヤーこそ、復活アイテムの多用による勝利や、ほとんど貢献せず他のプレイヤーに丸投げをして報酬だけを頂戴する、というような残念なプレイを多くしているのではと考えます。
2019.01.13 15:48 | URL | #- [edit]
says..."ご返信有難う御座います。"
ご返信頂き有難う御座います。


・まず、ゲームには目的(報酬、勝利、称賛、達成感等)が設定されているかと思います。
そのうち、和製RPGを継続させるのに最も多いと考えられるのが報酬でしょう。

概ね同意致します。


・報酬を得るにはゲームをプレイしなければならないので、当然時間を必要とします。

文脈を通しても貴方様が伝えようとしていることは理解できますので概ね同意致します。
その上であえてこの一文に対して、「果たしてそうだろうか。」と疑問を投げかけさせて頂きたいと思います。

私は貴方様のおっしゃる「報酬を得るにはゲームをプレイしなければならないので、当然時間を必要とします。」という " ゲーム " であるならば、私はそれをとても喜ばしいことだと捉え、貴方様が挙げておられる目的に向けて様々な取り組みを行うことでしょう。

しかし、貴方様がどこまでを " ゲーム " や " 報酬 " として捉えているのかまでは分かりかねますが、上記の疑問を具体的に表現をするならば『プレイしなくとも、時間を必要とせずとも、報酬を得れるのではないか。』という疑問に対して貴方様がどのようにお答えになるか気になるところです。
(※さらに詳細な内容をもって議論を深めたいところなのですが、コメントと大きくずれた内容になる恐れがあるため、この場ではこの程度に留めさせて頂きます。)


・そこで火力のこととなるのですが、俗にいう火力とは、報酬を獲得するまでの時間等を決定づける尺度であると考えます。
火力が低いと時間がかかり、高いとより多くの報酬を得ることが出来るのは至極当然のことです。

概ね同意致します。


・報酬については、ほとんどのプレイヤーには目標とするところがあるでしょう。
その目標に到達できない自身の実力不足を、一般によく使用されている”火力が足りない”という表現によって外部に発信しているだけであって、ゲームというものの構造的には日常会話に等しいものであると考えます。
自身の状況分析をし、上を目指す動機を持っていることなどから、健常なプレイヤーではないでしょうか。

ここに考えや認識の相違があるように思います。

改めてお考え頂きたいのが、「自身の状況分析をし、上を目指す動機を持っており、そして、自身の実力不足をしっかりと認識している人間lが、果たして、" 火力が足りない " などという表現を用いるでしょうか。
ましてや、それを外部に発信するなど何とも滑稽な事だとはお考えになられませんか。そしてなお、それを日常会話に等しいものであると考えることができるとは、私達にとっては不思議な考え方でありますし、そういった人間や日常会話を作り出している環境などについても非常に興味深いもので御座います。

貴方様のお言葉を一部お借りして申し上げると、「自身の状況分析をし、上を目指す動機を持っており、自身の実力不足をしっかりと認識している、健常なプレイヤー」なのであれば、" 火力が足りない " などという表現を用いるようなことは決してしないと思うのです。

『本当に頑張っている人間は「私は頑張っている」とは言わない。』のと同じ様に。

それを外部に発信するなど以ての外でしょう。
そして少なくとも私の経験から、「 " 火力が足りない " などの言葉を外部に発信したり、日常会話で発しているような人間は、いつになっても " 火力が足りない " ままで何も変化や成長を見せることはありません」
また、そういった人間は " 火力が足りない " という言葉を他者に対して発していたりしますし、こちらからあえて遠ざけようとしなくても、何も敬遠していなくとも、勝手に自ら姿を現さないようになるのです。
あえてもう一文付け加えさせて頂くならば、このような人間と一緒に何かに取り組んで愉しいと感じたことは御座いません。


・自身の火力に悲観的な考えがないプレイヤーこそ、復活アイテムの多用による勝利や、ほとんど貢献せず他のプレイヤーに丸投げをして報酬だけを頂戴する、というような残念なプレイを多くしているのではと考えます。

概ね同意致します。

ただ一文に「自身の火力に悲観的な考えがないプレイヤーこそ」という表現を用いておられますが、この点について少なくとも私(達)は『自身の火力に悲観的な考えはない。』と思います。
また、真に優秀なプレイヤーや、真摯に " 火力が足りない " と考えているプレイヤーこそ、「自身の火力に悲観的な考えはない。」のではないでしょうか。

「楽観的な考えを。」という表現では少々大げさでニュアンスとして適当ではありませんが、私ならその部分を『自分に自信がない人間こそ』という一文を用いて表現したと思います。



ご多用の中、貴重なご意見を頂き有難う御座います。
これまで知り得ることがなかった考え方をご教示いただき大変勉強になりました。

また、「実例ではなく考えを」とのことでしたので返信頂いたコメントには、『グラブルのコンテンツに対する理解が足りていないのではないか』というご指摘についての具体的な内容の記載がありませんでしたが、こちらについても更に理解を深めていきたいと考えておりますので、差し支えなければご教示のほど宜しくお願い致します。
2019.01.13 22:07 | URL | #- [edit]
says...""
>>貴方様がどこまでを " ゲーム " や " 報酬 " として捉えているのか

今回はデジタルゲームについて考えを述べました。
報酬は、いずれかにとって価値が認められるものであると考えます。

>>『プレイしなくとも、時間を必要とせずとも、報酬を得れるのではないか。』

何をせずとも誰もが全てを得られるのならば、それらは実質価値がなく報酬とは言えないでしょう。

>>『本当に頑張っている人間は「私は頑張っている」とは言わない。』

以前は私もそう思っていました。しかし現在は、上を目指せない敗者の理論であると考えています。
自身の行為に対する評価を避けている、逃げの理論とも言えます。

>>「自身の火力に悲観的な考えがないプレイヤーこそ」という表現

成長するという目的を完全に捨てたプレイヤーという内容です。

>>私(達)は『自身の火力に悲観的な考えはない。』と思います。

現状で満足し、もう強くなる必要はないということでしょうか?

>>『自分に自信がない人間こそ』という一文を用いて表現したと思います。

ゲームにおいては、自信がないプレイヤーほど、強くなるまで上位コンテンツに挑戦しない傾向が強いと思われるので、むしろ逆であると考えます。


以下、グラブルにおける火力不足の実例

・マルチバトルには時間制限があるため、必要なDPSを出せるだけの火力がないと討伐が成功しない可能性がある。

・一定ターン以内に一定以上のダメージ(いわゆるDPT)を与えなければ全滅する敵がいる。

・一定ターン後に全滅するというような状態にしてくる敵がいる。

・ターン制限がされている(アーカルムの転生)

・通称青箱といわれる、バトルの貢献度に応じて獲得率が上がるものがあるが、それの獲得が困難

・1550万選手権

他にも様々あるかと思いますが、一例として書かせていただきました。
2019.01.14 13:06 | URL | #- [edit]
says..."ご返信有難う御座います。"
改めてご返信頂き有難う御座います。


・今回はデジタルゲームについて考えを述べました。

この回答から貴方様は大きな枠組みで " ゲーム " というものを捉えて考えを述べられたことが分かりました。

私はこれらのデジタルゲームの全てを " ゲーム " として捉えることができず、デジタルゲームという枠組みの中に " ゲームであってゲームでないもの。 "  より主観的な表現をするならば " ゲームだとは思えないもの " が存在しています。
このような捉える範囲や定義などの違いがあることを想定してこの様な一文を付け加えさせて頂きました。


・報酬は、いずれかにとって価値が認められるものであると考えます。

「いずれかにとって」の " いずれか " とは具体的にどういった内容を示しているのでしょうか。


・何をせずとも誰もが全てを得られるのならば、それらは実質価値がなく報酬とは言えないでしょう。

貴方様は上記で「報酬は、いずれかにとって価値が認められるものであると考えます。」としていますが、『何をせずとも誰もが全てを得られる』ものを貴方様が示している " いずれか " によって価値が認められるものであったら、「何をせずとも誰もが全てを得られる。ものも報酬と言える。」のではないのでしょうか。
そのような場合、何をせずとも誰もが全てを得られ、それらに実質価値が無くとも、得られるもの。得ることができたもの。も報酬とは言えないのですか?

また、「報酬は、いずれかにとって価値が認められるもの」だと回答しているにも関わらず、『それらは実質価値がなく報酬とは言えない』とは一体どういうことなのでしょうか。
" 貴方様にとって " は、「何をせずとも誰もが全てを得られるのならば、それらは実質価値がなく報酬とは言えない」という事は分かりますが、貴方様が上記で示しておられる " いずれかにとって " は、「何をせずとも誰もが全てを得られるもの、それらは実質価値がないものであっても、報酬と言える」ことがあるという認識で良いのでしょうか。

更により具体的に、「何をせずとも誰もが全てを得られる」ものを、「私が」それを「価値があると認めた。」場合、それは「報酬になる」という考え方でよいのですか?

上記の2つのコメントに矛盾を感じていること、また、抽象的な表現なこともあり、貴方様が何を言いたいのか分かりません。


・以前は私もそう思っていました。しかし現在は、上を目指せない敗者の理論であると考えています。
自身の行為に対する評価を避けている、逃げの理論とも言えます。

この回答からも、私と貴方様で考え方に違いがあることがお分かりになられたと思います。

また、このコメントに一番疑問を抱いたのが、『どうして考え方が変わったのか。』という事です。
どうした経緯や経験から考え方が変わったのかという内容までは記載されていないことなどからも、「以前は私もそう思っていました。しかし現在は、」というこの文言に隠されている内容が気になるところではあります。

別にこの文言を付け加えずに、現在の貴方様の考えだけを提示すれば良いものを、あえてなのか、無意識なのかは分かりかねますが、こうしてコメントに記載されているということは、その変化に「何かある」のではないかと考えております。


・成長するという目的を完全に捨てたプレイヤーという内容です。

恐らくそういった内容を表現しているのだろうとは思っておりましたので、概ね同意と返答致しました。


・現状で満足し、もう強くなる必要はないということでしょうか?

このような質問をしてくること自体が驚きでとても不思議でならないのですが、一人の人間として、また、一人のプレイヤーとして、貴方様は現状で満足することがあるのですか?

また、これまでのコメントのやりとりを通して、私(達)が現状で満足するような人間、プレイヤーだと思われていたとは心外です。
現状に満足など到底できないからこそ、本記事のような内容を書き続けているのであり、こうして貴方様と意見を交わしているのではありませんか。


この質問に対する返答としては、現状で満足し、もう強くなる必要はないということではありません。

ただ『「強くなる」とは何か。』という点において、お互いの考えや認識に差異があるのではないかと思われます。
その差異があることを前提として、今回のお話の一つの題材となっている " 火力 " について、仮に、「グランブルーファンタジーというソーシャルゲームにおける " 火力 " 」という点に絞り込んだお話をするならば、『火力を出す。火力を高める。』といった方向性での「強くなる」という部分に強い意識を持っているわけではありません。
同様に『評価の高いキャラクターや武器を取得する。』といった方向性での「強くなる」という部分においても、姿勢や意識が強いものではありません。
そしてもちろん、「グランブルーファンタジーというソーシャルゲームにおける " 現状 " 」に間違い無く満足していないでしょう。


・ゲームにおいては、自信がないプレイヤーほど、強くなるまで上位コンテンツに挑戦しない傾向が強いと思われるので、むしろ逆であると考えます。

貴方様のコメントである『自身の火力に悲観的な考えがないプレイヤーこそ』という表現の部分を、私なら『自分に自信がない人間こそ』という一文を用いて表現すると申し上げただけなのですが、「むしろ逆である」とは一体どういうことなのでしょうか。
貴方様も「自信がないプレイヤーほど、強くなるまで上位コンテンツに挑戦しない傾向が強いと思われる」との回答をしているではありませんか。

<貴方様から頂いたコメント>
『自身の火力に悲観的な考えがないプレイヤーこそ』、
復活アイテムの多用による勝利や、ほとんど貢献せず他のプレイヤーに丸投げをして報酬だけを頂戴する、というような残念なプレイを多くしているのではと考えます。

<私の表現を用いた場合>
『自分に自信がない人間こそ』、
復活アイテムの多用による勝利や、ほとんど貢献せず他のプレイヤーに丸投げをして報酬だけを頂戴する、というような残念なプレイを多くしているのではと考えます。

貴方様がおっしゃる「むしろ逆である」という部分が何を示しているのか分かりません。



わざわざグラブルにおける火力不足の実例を挙げて頂き有難う御座います。
実例を全て確認致しましたが、申し訳ありませんが貴方様が何を伝えようとしているのか理解できませんでした。

貴方様からは『グラブルのコンテンツに対する理解が足りていないのではないか』というご指摘でしたが、これまでのコメント内容とこの実例の箇条書きだけでは貴方様が何を指摘しようとしているのか分かりません。

「挙げている実例を知っているのかどうか。」ということをお知りになりたいのですか? それとも、「火力が足りないと、この様な事が起きる。出来ない。」ということを伝えようとしているのですか?

  結局、何が言いたいのですか?

恐れ入りますが、より具体的にご指摘を頂きたく存じます。どうぞ宜しくお願い致します。
2019.01.15 19:08 | URL | #- [edit]
says...""
今回は70hellでしたが120hellの討伐動画も見てみたいです、次回のゼノ開催時はぜひお願いします。
2019.01.16 16:23 | URL | #- [edit]
says..."コメント有難う御座います。"
コメントを頂き有難う御座います。


・今回は70hellでしたが120hellの討伐動画も見てみたいです

ご自身で実際にご確認される事が最も宜しいのではないかと思います。


・次回のゼノ開催時はぜひお願いします。

次回のゼノ開催に向けて、ご自身のプレイ環境やスタイルを考慮しながら取り組んで頂ければと思います。
2019.01.16 19:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bladeandsoulfun.blog.fc2.com/tb.php/843-4106f206
該当の記事は見つかりませんでした。