FC2ブログ

本ブログにお越し頂き、有難う御座います。 日々のゲームプレイの様子や気になった話題などを書いております。

『RAGNAROK MASTERS(ラグナロクマスターズ)』 1日の疲労度消費総数 " 8000 " 放置で始まり、放置で終わる。これが今の時代のラグナロク!?


" ソーシャルゲームはどうしてこれほどに面白いのでしょう。 "

私はソーシャルゲームというものに対しての関心が低いため、これらに触れる機会も総じて少ないのですが、こうしてまた一つラグナロクマスターズというソーシャルゲームに触れて感じたことが、『何でもお金で解決できる(※)という最高の魅力』をもっているジャンルのものであるというところなのですよね!

私達のように " お金で解決できるなら有難い " という考えを持っている人間にとってはとても遊び易いジャンルになっておりますし、楽しむための時間がない。少ない。という人間にとっても、それによって自身の楽しみ方を見出せるようになるのであれば、これほどに良いジャンルは他に無いのではないでしょうか!

" 「Time to Win」 から 「Pay to Win」 へ"

<ラグナロクマスターズ 1日の疲労度消費総数は " 8000 " 以上!>
一日の疲労度総数

私は「Pay to Win」が嫌いです。
だからといって、昔のMMORPGのように「Time to Win」であっても、現在の私の環境では昔の頃のような楽しみ方はできないでしょうからね・・・! 一日の時間の殆どをゲームをすることに費やしていたあの頃とは大きく環境が変わっておりますし、ゲームが好きだという気持ちはますます強まるのに対して、なんとももどかしいことにゲームを続ける体力や気力が年々低下しているのを感じているのですよね(〃▽〃)

そんな衰えを感じているにも関わず、このラグナロクマスターズでの大きな懸念点だったのが『疲労度』というシステムなのです!
私が大好きなMMORPGというジャンルにおいても、この「疲労度(※)」なるシステムが導入されているタイトルには取っ付き難く、『好きな時に、好きなだけ出来ない。』と思ってしまうとどうしてももどかしさが拭い切れず、ゲームを楽しみたいという気持ちよりもこのモヤモヤした気持ちが先行してしまって、結局続けられなくなってしまうのですよね・・・。
そんな中でも「ラグナロクオンライン」というのは、月額利用料さえ払ってしまえば制限なくプレイすることができますし、1泊2日の1dayチケットが購入できたりと、私の環境に合わせた楽しみ方ができるタイトルだからこそ、様々な変化を感じつつも自分自身のプレイスタイルで楽しみ続けることができているのだとは思いますね♪

そして、このマスターズのプレイを通して特に大きな違いを感じているのが『自動戦闘システム』ですね!
元々このシステムについては否定的な考え方を持っていることもあって、このマスターズの世界においてもこれ自体に面白さや楽しさを見出すことはまだ出来ておりません。ラグナロクオンラインのとても大きな楽しさでもある " カードドロップ " おいても、マスターズではなんとも味気ないというか、素気ないというか・・・。

" カードが落ちた時、カードのアイコンを見た時、カードにカーソルを合わせた時に感じる、あの高揚感。 "

マスターズはソーシャルゲームというだけあって、総じて楽なシステムが導入されておりますが、『楽だから楽しいとは限らない。』のですよね。 Mini・MVP Bossの沸き時間通知システムについても、私個人としてはなんだか悲しいなと感じてしまうのです。 しかし、現代の人間にとってはこのようなシステムが導入されていなければ、ただただ不便だと感じるのでしょうし、こういった人間のアイテムのドロップ率や拾得難度に対する意見などを見ていても、ただただ悲しくなってくるだけで、どうしてそのような考え方になるのだろうかと疑問すら生じてくるのですよね・・・!

" ソーシャルゲームが面白くないのは、それをプレイする人間が面白くないからである。 "



■現在のキャラクター育成状況
▼1st Party
・スナイパー ・ハイプリースト ・パラディン ・ハイウィザード

▼2nd Party
・スナイパー ・ハイプリースト ・チャンピオン ・クリエイター

▼3rd Party
・スナイパー ・ハイプリースト ・チャンピオン ・チェイサー

▼4th Party
・スナイパー ・ハイプリースト ・ホワイトスミス ・アサシンクロス

エミュレーターを用いた4PC/16Acc という育成環境を構築して、スナイパー・ハイプリーストのセットを軸にとりあえず遊んでみたいなと思う職業を組み合わせて1パーティー(4人+2猫)の編成で「自動戦闘」 を用いた放置狩りを行っています! これ自体は何も面白くないのですが、パーティーごとにどのような狩場が良いか、どのスポットでどのように配置するか、限られた自動戦闘スキルに何を設定するかなど、新しいラグナロクの世界をたくさん歩き回りながら自分なりの楽しさを探しているところです♪

また、16キャラクターの同時育成というものはラグナロクオンラインでも経験したことはありませんでしたので、ソーシャルゲームであるマスターズならではの楽しみ方に触れられたというのは小さいながらも良い刺激になっていますね!
これからはそれぞれの各種調達や調整など、自動ではできない要素が増えてくるとだんだんと育成段階に差が生じてくるとは思いますが、フォロー機能や自動戦闘機能を上手に活用しながら、来るべく " スーパーノービス " を楽しめる環境を整えていければ良いなと思っております♪

アーチャー系のもう一つの2次職「バード(クラウン)」「ダンサー(ジプシー)」も残されておりますし、マジシャン系の「セージ(プロフェッサー)」はサポーター好きとしてはとても気になりますよね! 見れば見るほど、知れば知るほど気になっちゃう♪

こうしてみても私は本当に " RO " が好きなんでしょうね(〃▽〃)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bladeandsoulfun.blog.fc2.com/tb.php/902-88b010c3
該当の記事は見つかりませんでした。